トップ画像

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
簡単に球に緯線経線(枠組み)をつける方法
2006-03-10 Fri 01:34
ball4


球の右にある画像は、上の画像をちょっと変化させた画像です。
ロゴ等で、よくこういうオブジェクトを作られる方には重宝される手法だと思います。

作成ツールはIllustratorです。

デザイン・ソフトウェアRanking

1、球の元となる適当な大きさの円を用意します。


2、円の上下のアンカーポイントをはさみツールで切断し、二つの半円オブジェクトに分けます。
下が、片方の半円を選択した状態の画像です。


3、重要なポイントです。片方の半円オブジェクトを、オブジェクトメニュー⇒リフレクトで水平にリフレクトしてください。しなかった時には、上手く出来ません。

4、反転後、両方の半円オブジェクトを選択してオブジェクトメニュー⇒ブレンドツールを使用します。(今回ステップ数は10で作ってあります。)ブレンドオプションにて、ステップに変更してください。
上手くいった時の画像

反転させずにブレンドツールを使用した時の画像


5,もう一度同じ作業をしても良いのですが、効率的とは言えないので4で出来た画像を複製して90度回転させます。
完成図


応用としては、アビアランスで新規線を二重に追加したり、効果をかけたりすると一味違ったものになっていきます。
アビアランスで新規線を一つ追加後、パスの変形⇒パンク・縮小で30%縮小してみた画像。


色を綺麗にすれば、それだけで空いていたスペースを華やかにするロゴチックなイラストが出来るでしょう。
スポンサーサイト
Illustrator加工技 | コメント:0 | トラックバック:0
<<Silhouette plug-in | デザインの裏技blog | PC-Clean>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| デザインの裏技blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。