トップ画像

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
特殊なフォントの作り方
2006-03-11 Sat 05:50
design5


上の画像の様なフォントをいじったフォントの作り方を今回は記事にしました。
使用ソフトはIllustratorです。

デザイン・ソフトウェアRanking

1、基礎となるフォントを用意し、アウトライン化する。


2、線を上下に這わせる。私は、一つ長方形で作って後はコピー&ペースト、等間隔整列、整列の手順で綺麗に並べました。(注意点:塗りに黒を適用した長方形で線を作ってください。ペンツール等で線に黒が指定してある場合だと上手く出来ません。)
線を這わせた状態の画像↓


3、全てのオブジェクトを選択し、パスファインダ→分割を行う。
分割を行った際に、全てを選択しているときの表示↓


4、グループを解除して重なり部分の黒、出来てしまった透明部分(透明については、後で色を変えたい人のみ)をこつこつと削除します。
削除し終わった画像↓


5、出来たオブジェクト全てを選択し、スタイライズ→角を丸くするを適用します。これで完成です。
適用した画像。なんとなくフォントの色と背景色を変えました。↓


参考:
この前作ったマルチストライプと融合

スポンサーサイト
Illustrator加工技 | コメント:1 | トラックバック:0
<<イラレでリアルトレーシング | デザインの裏技blog | 資生堂のポスターを見よう>>
この記事のコメント
横型ブラインド越しに見える文字のようですね。
良い感じだと思います。次の作品も期待しています。
2006-07-22 Sat 18:02 | URL | Yukio #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| デザインの裏技blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。